向島で戦うブログ
能書きはいい。飲めばわかる。
プロフィール

Author:goemonhide
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ウルグアイ3
海外旅行に来たらとりあえずホテル周辺を散策します。
街をぶらぶら。。
あ、なんかマーケットやってる!
DSCN6924.jpg


IMG_9889.jpg

IMG_9891.jpg

フェリエとかいう青空市場で決まった曜日に何処かしらでやってるみたい。。全く役に立たない情報。
まあ大したものは売って無かったです。。

海外に来たら楽しみは食事です。
ウルグアイは牛肉消費国No1ということですのでまず食べてみます。
IMG_9894.jpg

ちなみに僕は全くスペイン語が分からないので一か八かのニコニコメニュー指差し攻撃です!

あ、なんとか肉が出てきた。
IMG_9895.jpg
しかしこの肉が多分脛?かなんかで物凄く硬い・・・

味付けは全体的にうす味です。よくいえば素材の味を大事にしてるんだと思います。知らんけど。
IMG_9899.jpg

んー。なんかイマイチ味がな。。パッと」しないんだよなあ。。
IMG_9903.jpg

夜の街をフラフラと帰り、夕食にしてはあまりお腹も減っていないので「東京レストラン」という怪しいお店で焼きそばとのり巻きをテイクアウト。
IMG_0013S_20160925154950b0d.jpg
食べてみると醤油味のパスタね。。美味しくないんだこれが。。

IMG_0014S_201609251549523bc.jpg
そして酢飯ではなく砂糖水飯の海苔巻。。。
ウルグアイで飲食やったら儲かるんじゃない??って思うくらい料理は美味しくない。
まあ後日スーパーに行って分かったんだけど調味料が売ってないのね。

今のところウルグアイでのお気に入りはこのホテルだな。。
IMG_9908.jpg
IMG_9905.jpg



さてさて日も変わりウルグアイと言えばサッカー。
というわけでAUF(こっちのサッカー協会)のデレクターのダニエルさんを訪ねる。

ここがウルグアイサッカー協会総本部
IMG_9919.jpg

IMG_9920.jpg

強面のお方に案内される。
IMG_9912S.jpg


DSCN6925.jpg

IMG_9918.jpg

サッカーの事はまるで分からないが彼は若い頃は有名なサッカー選手で名コーチらしい。
コンサドーレサッポロでも監督だかコーチだかをしていたそうで片言の日本語が出来るのが有難い。
DSCN6927.jpg


実は後日ウルグアイの某サッカーチーム(といっても今は2部リーグ降格)相手に講義する羽目になったのでその報告を兼ねて打ち合わせに。
DSCN6928.jpg

ちなみに必死に携帯を見せてくれているのは「僕の家がこの前テレビの取材受けたんだ。」との自慢VTRを見せてくれている所。

さてサッカー協会を後にし目の前にある目の前のレストランで昼食。
パンプキンスープに
IMG_9921.jpg
デリシオス(美味しい!)という名のご飯。
IMG_9922.jpg
ちなみにこちらではご飯はサラダらしく、お店の人から見たらやたらベジタリアンな食事に思えただろう・・
味付け薄めでお酢と塩で自己調節しながら食べるシステム。
美味しいかと問われれば、まあ味が無いのでなんともいえないが、健康的だと言っておこう。
カップラーメンすら売ってないからカップラーメン持ってきたらバカ売れするんじゃなかろうか??

あ、自転車バイク。
IMG_9909.jpg

IMG_9910S_20160925154610746.jpg


そのあと、プジェイロさん宅に伺い夕食をご馳走になりながら、色々聞く。
IMG_9923.jpg
IMG_9924.jpg
IMG_9925.jpg


IMG_9927S.jpg


治安がいいとはいえそこは南米。
拳銃所持率は3人に1人とも言われており、引ったくりや恐喝も多いと聞く。
まあその辺は日本とて同じなので用心するしかないが、怪我や殺しにはあいたくないから嗅覚働かせて用心することに努めるとしよう…

さて、明日はサッカーチームとの打ち合わせ!!
どーなる事か。
スポンサーサイト
ウルグアイ2
ホテルの最上階で朝食。

IMG_9857.jpg

パン食中心のビュッフェです。ケーキもあり朝から甘いのてんこ盛り。


窓の外のあの建物はなんぞや??
IMG_9856.jpg
ということで出かけてみました。

この大きな建物はサルボ宮殿というものでした。なんだかよくわからないのでググってください。歴史があるはずです。
IMG_9862.jpg

この辺は独立広場というらしい。
DSCN6917.jpg

DSCN6915.jpg

地下には独立記念のなにかよくわからないけど凄い空間がある。
DSCN6919.jpg

DSCN6920.jpg

そしてすぐそばのシウダービエハという旧市街地。
IMG_9875.jpg
雰囲気あります。
IMG_9873.jpg
落書きは手が込んでいます。
IMG_9874.jpg

建物は雰囲気があっておしゃれなのですが
DSCN6921.jpg

街が汚いんです。
おしっこ臭かったり犬のウンチがそのままだったり。
まあ昭和の日本もそんな感じでしたがイマイチ好感持てません。
DSCN6922.jpg

パッとみると南米感はあるんですけどね。

IMG_9887.jpg
IMG_9882.jpg
IMG_9880.jpg
IMG_9886.jpg

DSCN6923.jpg
DSCN6924.jpg


南米一安全な国とか言われていますがスーパーマーケットには銃を持ったお巡りさんがいます。

帽子とサングラスとバッグはコインロッカーに預けてからでないと買い物させてくれませんでした。

そんな中の美味しいヒット。
IMG_0004s.jpg
ココナッツとパインのジュース。
まあ独特!日本にはない味な気がする。。

あと南米といえばドルセデレチェとコレット。
IMG_9852s.jpg
ドルセデレチェは生キャラメルですね。これほんと美味しい。
パンに塗ったり色々なものにつけて食べます。
ものすごいデカイ瓶で売ってるので消費量が伺えます。
コレットはチョコレートジュースです。濃厚でココアというよりチョコレート。

さてさてもう少し散策しますか。

つづく。
ウルグアイ1
去年末だか今年頭あたりに降って湧いたように話題になってもう既に記憶から遠ざかっている国ウルグアイ。
まあムヒカ前大統領のスピーチで一気にメジャーな国になった訳だがどこにあるのか?


ここ!
2025aa0fb61d5f4fcbd1314a68753f97.jpg

ブラジルの下。
つまり日本の真裏に位置するわけです。

遠いなあ。。。遠いなあ。

まあ行ってみるか。

行程としては成田からデトロイトへ。
IMG_9798.jpg

12時間くらいよ飛行機。。。
IMG_9804.jpg
機内の映画見るか寝るしかないが、まー体が痛くなる。
もー大変。

デトロイト空港は建物内にもモノレールが走ってて移動できる。シンガポールもそうだったね。
IMG_9806.jpg
非常にきれいな空港。

そういえば入国審査は完全にコンピューターになったね。自分で色々入力してGO。

とりあえずジャンクフードで腹ごしらえ。
IMG_9808.jpg

そしてブラジルへ。
機内に乗り込もうとしたら「ビザは?」と聞かれ焦った。トランジットだからビザ何て要らないのだがポルトガル語で捲し立てられると意気消沈。。まあなんと置か通じたからいいんだけどさ。
IMG_9811.jpg

12時間後。
ブラジル到着。なげーよ!!遠すぎだよ!もー機内どーにもなんないね。。映画は全部見た!いや6本くらい見た!

さてサンパウロ空港。
長い通路を歩いていると僕の名前のプレートを持ったお姉さん。
「荷物は直接ウルグアイに行くからバゲッジクレームによらなくてもいいよ。○○番がウルグアイ行だから直接いってね」
とのこと。

IMG_9812.jpg

言われたところで待っていると

放送で僕の名前が呼ばれる。

あれ??ぼく何かしたかな?

カウンターによってみると、どうも発券をしないといけないらしい。
発券してもらうと僕と違う名前と行先。

もう一度カウンターに行ってその事告げると「OMG!!」といって新たに発見してくれた。
おおらかなんだか何なんだか。。

因みに席を離れた時僕のリュックを座ってた席に置いといてカウンターで話してたんだけどその隙に、見知らぬおばさまが僕のリュックの上に座ってた・・・
「ああ空いてたから」と。
もうめちゃくちゃ・・

サンパウロにて。
IMG_9815.jpg


あと一回乗ればウルグアイ。

IMG_9816.jpg

3時間後やっとウルグアイに到着!!

早速ホテルへGO
IMG_9834.jpg

いい!このダウンタウンのやさぐれた感じが!
街並みは古臭く猥雑な感じ。
ホテル前には、やたらと「金くれ!」金せびってくる若者がいる。
IMG_9836.jpg
なんかいい!

IMG_9840.jpg


IMG_9850.jpg


IMG_9844.jpg

ホテルは気に入った!

なんせ今日はベッドで寝れるんだ!それだけでもうれしい!

遠かったなあ。。

早速風呂に入ろうと湯船にお湯を溜めようとしたのだが、こちらは湯船に浸かる習慣が無いようで湯船に栓が無いのだ。。

とりあえずフロントでその事話すとよくわからないらしい。。

携帯で調べると「タポン」というのが栓らしく、「タポン」を借りた。

このタポン。洗面所の栓らしいのだが見事に風呂の湯船にも合致!!

早速お湯を張り寝そべると湯船が冷てぇ・・・

そう湯船に浸かる習慣がないから湯船に保温性がないのだ。。

結局シャワーで暖をとる。

そしてさっぱりとし、タポンを外すとお湯がサーっと流れて部屋まで水浸し・・

そう。湯船にお湯を張る習慣が無いから、排水機能が少ないのだ・・・

バスタオルで部屋中水を吸い取って終わった初日。

あれ?何しに来たんだっけ??

つづく。
屋久島3
翌日は白谷雲水峡へ。

IMG_9244.jpg

言わずと知れた「もののけの森」です。

DSCN6530.jpg

これまた結構歩きますがまあ辛くは無いです。
IMG_9361.jpg

IMG_9363.jpg

IMG_9362_20160719195647dbf.jpg

IMG_9363_20160719195648b2a.jpg

ぐいぐい登っていくと
IMG_9319.jpg
太鼓岩です。

まあ人気撮影スポットで太鼓岩で検索すると色々出てくると思います。
眺めはとても良いです。
fc2blog_20160713212945dc8.jpg

皆が持っている屋久島のイメージとしてはこの白谷雲水峡なのではないかと思います。
縄文杉を見に行くよりも屋久島感はありましたね。

さてホテルに帰って年末の行事。
益救神社にてお祭りがありました。
IMG_9370.jpg

悪い神様と良い神様が太鼓で戦う!みたいなちょっとシュールな催しでしたね。
IMG_9371.png

IMG_9369.png


翌日は早起きをして初日の出。
IMG_9373.jpg


今年もいい年でありますように。
屋久島2
翌日はレンタカーで島一周。
一瞬龍神杉の事も頭によぎったのだが結構疲れてるのでここは体を休めるほうを取ったわけです。

時計回りにぐるっと。

まあ小さな島なのでのんびり回っても充分に見れるはず。

千尋滝手前で昼食をとります。

ここは手作りパン屋さん。
IMG_9185.jpg

かわいくて美味しいです。

高台にあり海が見渡せます。
IMG_9199.jpg

そんでもって千尋滝に行ってまあ遠目から見て写真を取り忘れて、、、、

温泉に向かいます。

ここは温泉好きの僕としてはまず入ってみたかった所。

平内海中温泉
IMG_9206.jpg

干潮時しか入ることの出来ない温泉です。混浴で無料です。

湯船?湯だまりがいくつもあり、それぞれ温度も違うのであちこち入って楽しみます。

そしてほぼ隣位にあるのが

湯泊温泉
DSCN6512_20160620125014d4a.jpg

ここもいいお湯でした。無料。

こちらは一応男女別になっている。。衝立ひとつですがね。

そして大川滝へ。
DSCN6514_201606201250156e3.jpg

滝壺まで行けるので豪快に水しぶきを浴びることも可能です。夏場は泳いでる人もいそうですね。

で、世界遺産地域の西部林道へ。

ここは唯一世界遺産の中を車で走れる貴重な地域。

そのまま人の手が入らない感じなので動物たちが人を怖がりません。
DSCN6525_20160603133253eaa.jpg

DSCN6528.jpg

だからといって動物に触ったり餌を与える行為はダメなわけです。

以前観光客が餌を与えてしまった事があったらしく、生態系に影響を及ぼしてしまったそうです。

元に戻るまで偉い長い年月がかかったとの事。

いやはや、可愛いからと餌をあげたくなる気持ちもわかりますがここはグッとこらえてくださいませ。

屋久島の人々曰く「そもそも動物たちの住処に我々が住み着いたのだから動物に敬意を払うのが自然だ」とおっしゃっていました。

なるほど。野生動物が身近で見れるなんてここかガラパゴス位しかないのではないか?と感じた場所でした。

つづく。


屋久島その1
日本国内行った事無い所は山ほどあることに気が付く。。

世界遺産登録されてる屋久島もその一つ。

こうなってくると薩南諸島全て回りたくなってくるがまあ足がかり的にメジャーな屋久島へ。

因みに「屋久島」って検索すると「薬師丸ひろ子」って出るね。まあどうでもいいんだけど。

鹿児島からエアコミューターで小一時間乗ると屋久島。
fc2blog_20160414222912caf.jpg

屋久島到着。道端に咲いている花がなんだか亜熱帯。。
fc2blog_201604142230121ca.jpg

屋久島に来たからには縄文杉と白谷雲水峡は絶対行きたい!と意気揚々と思いきや体がだるい・・

因みに羽田ぐらいから喉の痛みを感じなんとなく熱っぽかった。

で、島に着いたとたん熱でダウン。。
2日程ホテルで寝込んでしまった。。
おかげでのんびりできた!ということにしよう。

熱も引きホテル近くの。益救神社へ厄払いに。
人は10をもって大成しその手前の8,9が厄となると。
まあ一通り厄払いが終わって談笑中、「縄文杉に行こうかと思うんですよ」という話をすると、

宮司様曰く「あの木にはもう神は居ないんだ」との話。。

「神が宿るのは龍神杉だよ。」と。

地元の人に聞くと「縄文杉はトレッキングだからね。誰でもいけるしね。でも龍神杉は大変だよ~あそこは神の森だから」

調べてみれば龍神杉までは益救参道と呼ばれる林道をずっと登っていくらしく距離は無いものの高低差が大きい。

ここで葛藤。。せっかく屋久島に来たからにはやはり縄文杉は見てみたい。。
しかし1日かかる。


龍神杉も1日がかり。。

どちらかに決めなければ時間的に無理だ。。

となれば病み上がりの体には縄文杉だな。屋久島のアイコンを押さえずして帰れまい。

龍神杉は次回にしよう。

というわけで縄文杉へ出発。一番無難な荒川登山口から行きます。

トロッコ線路の平坦な道をずーっと歩く。

fc2blog_2016041422304779d.jpg

分かりにくいけど鹿ね。
fc2blog_20160414223134ce0.jpg


線路の行き止まりまで歩いたら山に入りしばらく行くとウィルソン株。
fc2blog_201604142235069fb.jpg

fc2blog_20160414223557125.jpg

切り株の中央からある角度で見るハートに見えるんです。
IMG_9169.jpg

「ナントカ杉」みたいな杉を沢山見ながら登っていくと。。。

縄文杉!!
IMG_9170.jpg

昔は近くまで行けたそうだが杉の老朽化にともない今は少し離れたところから見るようになってる。


fc2blog_201604142234098ba.jpg

確かにデカイが言われなければ気が付かない感じもする・・

もう少し登ったところで山小屋休憩。

冬の登山?トレッキング?なめてました。。

僕は元気者だからぐいぐい登ってきたワケで汗をかいてしまったのです。

そうすると一気に冷えるわけですよ。。

山小屋でパンツまで脱ぎ一気に着替えるも汗で濡れた髪からはシンシンと冷えてきます。

昨日まで熱で寝込んでいたのでぶり返さなければいいなあという思い。

ホテルで貰ったお弁当を食べ帰り道へとなりました。

因みに屋久杉までの登山はトロッコ道以降トイレがありません。

排泄物は携帯トイレにして持ち帰らなければならないのでまあいろいろ計算しながらトイレを必要としないように過ごします。


そしてなんだかよくわからない毒々しい植物。
fc2blog_20160414223648aca.jpg

帰りも同じ道で帰ります。
fc2blog_20160414223734cd4.jpg

さてさて無事屋久杉も観れたので明日は屋久島ぐるっと回ってみよう!!


長野へ。
IMG_8587.jpg

毎年2連休があるとお世話になる長野の宿へぶらーっと行きたくなります。

長野はツーリングには最高のロケーション。フラフラと走りだします。

まずは善光寺。
IMG_8545.jpg

お戒壇巡りを一度やってみたかったのですよ!

お堂の中は一切撮影禁止なので写真は無いのですが500円で出来ます。

どういう事をするのかというと、寺の中に地下洞窟があるのですが、真っ暗な訳です。
ネットの力を借りて書けば

「お戒壇巡りは、秘仏の御本尊様の下を巡って、仏様の分身ともいえるお錠前に触れることによりまして、仏様と縁を結び極楽往生のお約束をいただき、私たちが本来持っている仏縁の種を大切に育ててゆくことを仏様にお誓いする「行」であります。」

ということなんです。

で、状況説明。

まあ人気アトラクション?なだけありエライ行列です。

地下洞窟に入るまでにすごい時間を要します。

そして地下洞窟に入ってもその行列は続く訳で、要は行列したままアトラクションを遂行するといったダラダラな感じなわけです。

とここで問題発生。

地下に入ってもディズニーランドのアトラクション待ちのごとくなかなか動かない行列に並んでいるわけで、徐々に徐々に暗がりに進みながら長い時間が過ぎるわけです。

そして思っていた以上に真っ暗で狭い。目を開けても閉じても同じくらい何も見えません。

そこで僕はこの闇の中どんだけここに閉じ込められてなくてはいけないのかと、その不安たるやとてつもなく
心身的にパニックになり、

「うぉー!!!てめーら!早く進みやがれ!!」と大声を出すか、ギブアップして入口から出ようとしたほど。。

・・・まあほんとに気が狂う寸前でしたが深呼吸をして落ち着きを取り戻しました。
深呼吸って大事ですね。

そして全く知らない前の人を掴みながら少しづつ前へ進みカギを確認し出たわけですが、もう二度とやるもんか!位恐怖でした。

そして善光寺境内のお蕎麦屋さんに入り念願の信州そばを食しましたが、これがまたマズイ・・
僕の味覚は、美味しい!か凄くおいしい!位しかないのですが、初めてここで「マズイ」という味覚が備わりました。

でも「マズイ」とは言えず、あからさまに嫌な顔して蕎麦を食し店員にアピールする小心者。

口直しに小布施へ栗を食しに。

また小布施が渋滞。。何だろうねこの日本。。
IMG_8552.jpg
一番おいしそうなモンブランはソッコー売り切れとるし!

まあでもこの栗アイスがやたら美味しかったから許す。
IMG_8548.jpg

んー。うまい。
IMG_8550.jpg


宿にチェックインをしオーナーさん手作り露天風呂へ。
IMG_8564.jpg
これが楽しみでもある。

しかしこの宿はアットホームでいいね。

翌日は美味しい蕎麦を食し大満足で八ヶ岳方面へ。
IMG_8581.jpg

お化けカボチャ。
IMG_8584.jpg

ハーバルノートでお買いもの。
IMG_8612.jpg

ここはハーブ専門店。
IMG_8614.jpg

ハーブに関するものが色々とございます。
IMG_8615.jpg
ハーブティーを買いました。
IMG_8616.jpg

IMG_8617.jpg

IMG_8621.jpg

その後近くに温泉へ。ほぼ貸し切り状態でのんびり過ごし
IMG_8626.jpg

また宿でバイク談議に花を咲かせ就寝。

帰りは蓼科スカイライン経由で帰る。
IMG_8635.jpg

標高二千メートル以上あるのでまあ風の強いこと。。。

そして299で狭い狭い十石峠を抜け秩父へ。

帰りがけに蕎麦を食す。
IMG_8650.jpg

着の身着のままのんびりツーリングは良いですな。
北海道その3
翌日まだ行った事の無い登別へ向かうことにした。
ここまで来たら温泉に入らずには帰れない。

札幌から勢いよく飛び出すも定山渓までがエライ渋滞でホトホトまいった。。
IMG_8462.jpg

途中お昼にスープカレーを食す。
IMG_8389.jpg

ここは本場インド人がやっているカレー店だが、やはりスープカレーを押してくる。
虎穴に入らずんばというか朱に交わればというかインド人も札幌色にすっかり染まり切っていた。

そしてこれがまた美味しいかったんだ。


喜茂別まで抜けて小休止。
IMG_8390.jpg
なんかよくわからないけど美味しかったもの。揚げパンにお餅とあんこが入ってる感じ。

この辺はキノコ汁が名物で安くておいしい。
IMG_8394.jpg

そしてなんと富良野で高額だったメロンソフトもここでは500円!!
IMG_8395.jpg


札幌から登別まで意外と距離があるなあ。。。
IMG_8398.jpg

どうにか登別に着いたころには夕方。
IMG_8407.jpg
狐はかわいいですが触るとエコノキックス!っていうキックされます。

ここは地獄なので閻魔様がおります。
IMG_8413.jpg

IMG_8409.jpg

まあホテルの温泉を無難にこなし宿では定番のタングラムに興じる。
IMG_8414.jpg

翌日表を歩いてみる。
IMG_8415.jpg

硫黄泉のおかげで外にある金属は真っ黒ですね。


IMG_8423.jpg

IMG_8424.jpg

IMG_8418.jpg

地獄めぐりも結構歩きごたえがある。。

IMG_8428.jpg

大湯沼が見えてきた。


IMG_8429.jpg

IMG_8431.jpg

IMG_8433.jpg

そしてこの沼に注いでいる川を遡上していくと
IMG_8439.jpg

温泉の川なわけです。

IMG_8447.jpg

天然足湯に満足。

さてさて登別を後にし飛行機まで少し時間があるので苫小牧によってみた。
IMG_8449.jpg
名物のホッキカレーだが正直豚とか牛とか鳥の方が良い気がしてならない。。
IMG_8462.jpg

IMG_8450.jpg
海鮮丼も食べてみたがこちらは当たり!

そんなわけで北海道の旅も無事終了。

というかやっぱ北海道はバイクで旅した方が圧倒的に楽しいね。
IMG_8462.jpg



北海道その2
翌日は帯広界隈。
因みに昨日は釧路の帰りに阿寒湖寄ってから帰ったんだけどね。日が暮れて怖かったわ。

初めて来ました。幸福駅。

fc2blog_201604142255599a3.jpg


fc2blog_20160414225319943.jpg

fc2blog_2016041422543261b.jpg


幸福になれるのでしょうか?
fc2blog_20160414225505f25.jpg

なんせ天気がいいというだけで盛り上がれます。
fc2blog_20160414225805dc5.jpg

fc2blog_20160414225910c6f.jpg


fc2blog_201604142257219a5.jpg

定番の富良野でも行ってみようか。

狩勝峠。
fc2blog_20160414225943b63.jpg

チーズ入り芋餅を食します。
fc2blog_201604142300220e7.jpg

富良野はいいですなあ。
fc2blog_20160414230115c47.jpg

fc2blog_201604142301537f9.jpg
fc2blog_20160414230229fdf.jpg
fc2blog_2016041423030666e.jpg
fc2blog_20160414230406705.jpg
fc2blog_201604142305041bc.jpg

まあ食べた食べた!

そして青い池。
fc2blog_20160414230549927.jpg

この青い池が曲者で美瑛側からくると、まあ渋滞。マーほんとに渋滞。
fc2blog_20160414230632168.jpg

モーいやんなっちゃうくらいの渋滞。
fc2blog_20160414230723435.jpg

富良野と言えばジェットコースターの道が有名でそこを走りたかったんだけど、この青い池のおかげでジェットコースターの道に着いたのは夜。

真っ暗の中ジェットコースターの道を走ったけど全く伝わらんね。。

そんなもんで一路札幌へ向かいスープカレー。
fc2blog_20160414230811674.jpg
これがやたらと美味しいんだ。


札幌に宿をとり、ルームシアターをつけると邦画の選択肢がほぼ「熱血硬派くにお君」
fc2blog_201604142309071a5.jpg

まあいいや、もう寝よう。
fc2blog_20160414230946960.jpg
fc2blog_20160414231017531.jpg

北海道その1
札幌空港でラーメンをすする。

fc2blog_2016041422393307e.jpg

いや実にシンプルなラーメン。

とりあえずレンタカーを借り釧路へ向かいたいと思い道央方面へ車を走らせる。

まあ本日中に釧路は無理だから帯広にホテルを取る事にした。
とりあえず帯広を目指そう。

昔はフェリーでも東京湾から釧路直通とかあったなあ。懐かしい。

というか上野からバイクを電車に積み込んで北海道まで行くツーリングトレインていうのもあった。今では考えられないね。

途中夕方の夕張を抜け暗く寂しい道を走る。雨も降ってきたので悲しさ倍増する。

こんなにも真っ暗な空間を僕の車のライトだけが道を照らし、まるで深海2000からの景色のよう。

と札幌から思った以上に距離があった帯広へ到着。
fc2blog_20160414224023ee8.jpg

すっかり日も暮れ窓辺から見える帯広の夜景がどことなく昔豪遊したラスベガスのホテルからの夜景と重なる。
fc2blog_201604142240562b8.jpg

本当はラスベガスではホテルに泊まらず駐車場の車の中で一晩明かした思い出しかない。
あの頃僕は若かったんだ。

気づけばもう夜8時をまわっせいる。

ルームサービスも良いのだがせっかくなので街に出たい。
fc2blog_20160414224143245.jpg

帯広も定食屋さんとか既に閉まっている時間で仕方なく飲み屋街へ。。
fc2blog_201604142244121d5.jpg

僕はお酒は飲めないので名物豚丼を食す。美味。
fc2blog_20160414224323246.jpg

旅の夜は早い。この日は即寝てしまった。。

翌朝は快晴!・・・でもないけど雨は降っていない。
fc2blog_20160414224503608.jpg

早速釧路へ

・・・しかし釧路までも思いのほか遠く昼ちょい過ぎに到着。

名物のサンマンマを食す。
fc2blog_201604142246004fd.jpg

いやこれほんと美味しい!安価でしかも美味しい!!
皆におすすめしたいくらい美味しい!!

そんな余韻を残しつつ炉端焼きでもとおもって行ってみると炉端焼きは夕方からだそう。

周りを見渡すとまあ釧路イコール炉端なのか他のお店でも炉端を掲げてるところが数件。
とりあえず目に入ったところに入る。
fc2blog_201604142247049ae.jpg

fc2blog_2016041422475333a.jpg

fc2blog_2016041422483961d.jpg

fc2blog_20160414224932c40.jpg
川沿いの炉端焼きと比べると結構割高かな。
でも美味しかったなあ。

で、やはり湿原へ。
タンチョウヅルがいたっけ!
fc2blog_2016041422501639e.jpg


fc2blog_201604142251036ae.jpg

湿原て要所要所にある展望台みたいな所からしか見渡せないのね。
fc2blog_201604142251519ef.jpg

今度は川下りでもしたいとこ。

今回レンタカーだからイマイチ北海道のわくわくが湧いてこないな。。