向島で戦うブログ
能書きはいい。飲めばわかる。
プロフィール

goemonhide

Author:goemonhide
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/25
チェリー☆パイはパイレーツの二の舞になるな。まちがいなく。
スポンサーサイト
3/24
昨日VMXに参加してきました。
毎度レースとは程遠いスピード感がなんとも楽しかったです。
とある雑誌社の方から、履いていたウエスコのブーツを褒められました。僕もいいブーツだと思います。

2008032309310000.jpg




3月14日
どんどん進んでますね。
シート作りは僕のシートも作ってくれた堀切のスカンクさんへ。
DCF_0129.jpg

DCF_0128.jpg


幼少期2
つづき。

紙芝居屋で買った水あめって食紅かなんかつけてくれてそれを割り箸でぐるぐる回しながら食べたっけな。
練れば練るほど空気と混ざって白くなっていくんだけど・・・・そんなのが楽しかったんだろうな。
なんも無い時代でもなかったのに。

んで紙芝居屋で片栗粉を板状にしたものに変な絵の型押しがしてあって、端っこを噛んだり手で折ったり舐めてふやかしたりしながらその絵の形に綺麗に抜けるとまたお菓子と交換してくれたんだっけ。

のちに、縁日の屋台で針でつついて形抜けたら500円とかギャンブル性の高いヤクザな遊びになってしまったね。

で、型抜きって言えば、昔下校時に小学校の校門におばちゃんが風呂敷広げて、焼き物の型かなんか並べて待ってるの。
んで子供たちに粘土をホイっと投げさせてその型に粘土が入れば得点が書いてある券(なんだろねこの券ってのも)とか金粉とかくれて、

「あとで公園においで」っていうんだわ。

んで行くと例のおばちゃんに子供たちが群がっていて、粘土を買っている。
で、その粘土で粘土細工をしておばちゃんに見せると
「これは上手くできたねー。30点!」とか言ってまた券をくれる。

で、作った粘土に金粉を塗ってもっていくと
「これはすごいねー80点」とか点数が高くなるわけ。

で、金粉をおばちゃんからお金を出して買ってみんな高得点を狙うわけだ。

ふとおばちゃんの横を見ると校門のところで広げていた焼き物の型がおいてある。
その型は魚や鳥や色々な型があってそれぞれに点数がついている。
「3000点・・・5000点・・・・10000点」などなど。
でその得点の下に「500円・・・800円・・・1000円・・・」との記載もあった。

そんなの見とれていると上級生が綺麗な魚の粘土細工をおばちゃんに見せている。
「これは素晴らしいねー100点!」なんておばちゃんは言っている。

なるほど、型に押し付けて粘土をつくればそりゃー綺麗にいくわ。

で、お金のある子はその型を直接買えるんだけど、みんなお小遣いが30円くらいの時代なんで買えるわけは無く、高得点を稼いでその型をなんとかゲットしようと必死だった。

するとおばちゃんは「こっちの粉は綺麗だよ。高得点だ」と青い粉も出し、子供たちはその粉をまた買う。

あーこんな商売もあるんだなと子供心にもおもった7歳時代。
こんな遊びをしたことある人は僕と同世代。
・・・玉の井ジェネレーション。

つづく








3月9日
空っぽのエンジンとミッションしかなかったバイク。
その他パーツはフレームからなにから全て寄せ集め。
徐々にバイクの形になってきましたよ。
あと登録に必要な書類やらなんやら・・・
数ヵ月後には車検とって走ってることでしょう。
080309_154031.jpg

幼少期
時間の経つのは早いというか・・平成になってからすでに20年経ってしまってるんだな・・
僕は向島で育った訳だけど、当時向島近辺にはまだ紙芝居屋さんが自転車で来ていて、昔ながらの何十年も代わっていない良き昭和の典型的な象徴ともいえる手法で子供たち相手に悪どく駄菓子を売っていた。
しかし今考えても駄菓子なんぞは10円~50円。
物価なんかそう変わってないんだから当時の紙芝居屋さんは本業としてやっていたのか趣味でやっていたのか気になるところだ。

もちろん駄菓子屋さんもあり子供のたまり場と化していた。
当時回りの子供たちはオコズカイ(当時の相場が30円)を貰っては駄菓子屋につぎ込んでいた。
僕は駄菓子には興味は無く貰ったオコズカイを溜めては「ビッグワンガム」を買って付属のプラモデルを作って机に飾っては悦入っていた。

で、僕は駄菓子屋には全く行かなかったかというとそうでもなく、駄菓子屋にもんじゃ焼きをよく食べに行った。

多分今でもあるところにはあると思うけど駄菓子屋のすみっこに鉄板がおいてありそこでもんじゃを食べるのだ。

もんじゃは50円。
中身はキャベツと揚げ玉のシンプルなもの。
そこで卵を家から持って行き、そこの駄菓子屋で買った「ラメック」や「ベビースター」をミックスして食べるのが当時の流行だったんだ。
多分あの時食べていたもんじゃは大人になった今食べているどんなもんじゃよりも美味しかった。
なんか昭和丸出しの幼少期だったんだな今思えば。

あ、もう夜中だから寝よう。
昔は懐かしいな。また書こう。


3月3日
スポーツスターも結構大変みたいで市販のファットボブフェンダーを短くするとタイヤとのアールが合わないようで、細切れ&再溶接。
080301_192700.jpg


チョッパーにするためには・・・ためらい無く切ること。フレームだろうがなんだろうが切ること。

ハンドルもいい感じ。
080302_132747.jpg


あとはタンクやれば終わりかな・・・・
080302_165243.jpg

3月2日
フロント切って以来乗ってなかったけど久々にバイク乗ったら楽しいね。
このバイクとも14年以上の付き合いになるけど飽きんねぇ。
080302_120357.jpg






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。