向島で戦うブログ
能書きはいい。飲めばわかる。
プロフィール

goemonhide

Author:goemonhide
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ショベルヘッド 点火時期調整 ダイナS編

配線も組みあがりあとは各部調整を残すのみとなりました。

まずは点火時期調整です。

今回はポイントではなくダイナSで行きたいと思います。

ポイントのように隙間調整が無くいつでも安定した火花を供給してくれるのでいいのではなかろうか?と。

やり方はポイントと一緒です。

プレートを止めているネジを緩め、
反時計回りに回すと点火時期は遅くなり

時計回りに回すと早くなります。

IMG_4595_20110309010255.jpg

コレを踏まえたうえで。。

プライマリー側、フロントプーリー上部のタイミングホール(インスペクションホール)のネジを外し、タイミングマークを出します。
これは76年式です。80年前期まではタイミングマークは「I」です。他の年式はヨキニハカラッテください。


・・・とここで一つ。フロント上死点手前に出てくるタイミングマークですが、上死点は「圧縮上死点」と「排気上死点」とあります。

「排気」の方で合わせると全く遅いので気をつけてください。

一応フロントのプラグを外し、指をあてがい、圧縮を感じた次に出てきたマークこそが「圧縮上死点でのタイミングマーク」ですのでそれであわせてください。

IMG_4592_20110309010245.jpg

上記写真はタイミングマークを出したところで後で確認できるように、プーリーにマークを付け、針金でガイドを設けました。

コレによってタイミングホールを閉めてもタイミングマークが解ります。

さて、この状態で。。。
動画を撮ってみました。(向島戦闘でショベル云々やってたころってユーチューブ無かったですもんね)



※上記動画プラグはヘッド上に置きスパークが見える様にしてあります。
はい。要するにタイミングマークを出したところで真ん中の部分を一番ひねった時にスパークすればOK。
これで大体合ってます。


で、上で合わせた点火時期がどれくらい合っているのかをタイミングライトで見てみましょう。
※映像でマーキングが2つ見えてしまいますが、矢印の方のマーキングを見てくださいね。
MVI_4603 002_0001



高回転にした時に針金ガイドの位置にマーキングが来てますね。結構あってるもんです。

ガバナー進角は2000回転程でフル進角になってしまうので2000回転以上回しても進角しません。。
マニュアルに「2000回転の時にタイミングを取る」と記載されているのはその為でしょう。
フル進角でタイミングが合致すればいいという理屈ですね。

SUキャブへつづく
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

親切だなぁ。なのにみてもよくわからない私。
自分でばらしたり組み立てたりしている人が見たら、
「ほう」って思うのだろうと思います。
1つ1つの作業工程で、気をつけるべきポイントがいろいろありそうですね。
【2011/03/10 00:11】 URL | 貴もぐ #- [ 編集]


なにー!!!わからない!!
まあそうですよね。

要するにタイミングマークの位置で点火装置をフル進角させた所でプラグに火花が飛べばOKって合わせ方です。
【2011/03/10 00:57】 URL | ひで #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mukoujima.blog35.fc2.com/tb.php/531-04f10d55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)