向島で戦うブログ
能書きはいい。飲めばわかる。
プロフィール

goemonhide

Author:goemonhide
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



東海道五十三次 六日目
昨日マッドさんと飲んでて、「東海道は五十七次じゃなかったけ?」なんて話になり、それを聞いてしまうと五十七次をやらなくてはいけなくなるので頭の片隅に置いておく位にして、でも気になって調べてみたら京都から先、大阪まで宿場町が続いておりそれを含めると五十七次。でもそちらは京街道としての方が一般的らしい。
という事でやはりゴールは京都三条大橋の五十三次でオッケー!

そして昨日飲んでた時に聞いた桑名の公園のミニ五十三次。



日本橋を出発して


富士山かな


熱田神宮


三条大橋


なかなかやるじゃん!


はい

四日市宿


江戸時代に思いを馳せます

やたらこのキャラクターがあったけどなんか怖いんだ


町並みは現代的


日本武尊が刀を杖代わりにして登ったとかいう坂。

ツライ。ただただツライ。


石薬師宿



ん?構図ちがうかな?

んーまあ昔のままではないですわね。








東海道ものどかになってきました




庄野宿



まあ、この絵は想像画といわれてるそうですし。








亀山宿



季節が違うのでなんとも…



亀山城は改装中??







いやー。建造物の無い所こそ景色は江戸時代から変わってないんだろうなーなんて思いながら走りました。


関宿



こんな感じ

ここは建造物が徹底してますね。

銀行だったり

美容院だったり

町並みも江戸時代にタイムスリップしたかのような錯覚に陥ります。




関に泊まるなら鶴屋か玉屋、まだも泊まるなら会津屋か、といわれた玉屋さんです。


こちらの旅籠

いい雰囲気ですが

なんと素泊り

今度来た時に利用してみたいです。


坂下宿




ここは江戸側から来ると最後の難所鈴鹿峠の手前の宿になります。
この宿場町手前から緩やかな登り坂でこの宿場町自体も登り坂でした。


またミニ五十三次





動き出しそうで怖かったです


そして鈴鹿峠です








自転車はここまで!
この先は登山道と階段になるようです。

そして国道に戻りますフラフラと登るとトンネルがみえます。

あれ?もう峠登っちゃったの?ってかんじでした。

下りは速いが調子乗ってグングン下ると旧道を通り過ぎてしまいます。





土山宿



同じ構図!








水口宿


山が隠れてしまってますね。







横田渡



昔はここから川を船で渡っていたようですね。


石部宿





なんとここでまたパンクです。


このパンクが厄介で、チューブが疲労破壊してしまってます。


補修しても空気入れると裂け、軽く引っ張るとこの通り


これはアウト!

ここから国道に出て自転車屋さん探すのが手っ取り早いのですが、大きい駅のある草津まで12キロ。

押して草津まで行く事を決意します。



旧道は日が落ちるとヒトケガナクテ寂しいです。

あ、広重ポイント



うーん。フラッシュ焚いたけどだめだ。

同じ構図でとったんだけどな~。
まあアクシデントも思い出深くなるんでいいんですよ。

はっきりいって自転車12キロ押すのがこんなにも時間がかかるとはおもいませんでしたよ。

そして、草津で終了!


ご褒美に定食。ビールつき。…で800円はお得!







あ、今日は100キロ以上走ったんだ…

明日ゴール予定!

あと少し!

明日の朝はチェックアウトぎりぎりの十時まで寝てやる!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

いい街並みだね~
いいゲストハウスだね~ 泊まらないけど入ってみたりしなかったんだね~

謎の地蔵?怖ぇー 普通に人に見える。
【2012/08/17 00:07】 URL | と #- [ 編集]


うん。暑くて大分日に焼けたよ
【2012/08/17 09:50】 URL | ひで #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mukoujima.blog35.fc2.com/tb.php/662-d6f1363b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)