向島で戦うブログ
能書きはいい。飲めばわかる。
プロフィール

goemonhide

Author:goemonhide
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



旧中山道4日目(その2)
須原宿
fc2blog_201602052338394ea.jpg

fc2blog_2016020523395163e.jpg

水船の宿場町
各所に井戸からくみ上げた水が水船にかけ流しになっている。
fc2blog_20160205234024525.jpg



「すごい変な自転車!!」
とトマトかじりながら水船で涼んでいる女の子に呼び止められる。

「どっから来たの?何処に行くの?」と矢継ぎ早に質問責めにされ、東京から来てこれから岐阜方面に行くんだと伝えると「へーへー」と感心しきり。

「私、東京にはまだ行ったことないな」

僕は雄大な自然の方が好きだけどね。無いものねだりだね。

fc2blog_201602052342235b7.jpg

「夜まで居ないの?今日は川に灯篭を流すんだよ。」

あ、この色塗ったペットボトルが灯篭か。
fc2blog_20160205234305af3.jpg

僕も水船で涼をとり、水をくみ粉のスポーツドリンクを溶かす。
「なにそれ?なにそれ?」と4歳と9歳の姉妹は興味津々。
飲む?と手渡すと見事に全部飲み干してくれた…
fc2blog_201602052341418d7.jpg

小休憩でした。

さて須原宿を出発。

fc2blog_20160205234417a60.jpg

野尻宿
fc2blog_20160205234520af5.jpg

fc2blog_201602052345554de.jpg


とここで4度目のパンク。
fc2blog_20160205234635740.jpg
やはりなあ。。。
実は体力的にも精神的にもすっかり疲れ切っていたのでどこかの会社の軒先の日陰を拝借。
チューブを引っ張り出しパッチにゴムのりをつけ乾かしてる間に髭に電話をしてみた。

やあ元気か?

「おお、なんや!今どこや!?」

ちょっとパンクしちゃってな。何処だろうなここは。

「よしちょっとそこで待ってろ!仕事終わったら迎えに行くわ!」

いやいや、まだ3時前だし、、パンク直せばもう少し走れるよ。

「まあ無理スンナや、夜迎えに行くわ!」

と。

まあなんとなく迎えに来るとかという期待もあった訳だが髭のところからここまではさすがに遠いから主要駅でも聞ければな。。なんて思ってたんだ。

パンクを直し相変わらず頼りない空気圧しか入らないボンベで空気を入れボンベを使い切る。

次パンクしたらいよいよお手上げかな。

行く先々でホームセンターや自転車屋の場所を聞くがまあ無い・・・

三留野宿
fc2blog_20160205234706ea5.jpg

国道へ出たところでガソリンスタンドを発見。

とりあえず空気をパンパンに入れてもらう。
ここでも自転車屋さんを聞くも「無いねえ。しかも休日でしょ。田舎はやってないんだよ」との事。。

まあ頑張るしかないな。

fc2blog_20160205234743592.jpg

fc2blog_20160205234854e9a.jpg



妻籠宿
fc2blog_201602052349355b3.jpg

fc2blog_20160205235022054.jpg

ここは江戸時時代の風情を色濃く残し人気があるのもうなづける。

fc2blog_20160205235059ca5.jpg

fc2blog_2016020523513841b.jpg

fc2blog_20160205235213382.jpg

fc2blog_20160205235257ba5.jpg

fc2blog_2016020523533942e.jpg

fc2blog_20160205235413a84.jpg

fc2blog_201602052354528cd.jpg

fc2blog_20160205235537878.jpg

fc2blog_20160205235618964.jpg

fc2blog_20160205235704a3d.jpg

fc2blog_20160205235747818.jpg

fc2blog_20160205235827a65.jpg

fc2blog_20160205235902891.jpg

fc2blog_20160205235956a1e.jpg

fc2blog_201602060000266d7.jpg

なんとも雰囲気のある宿場町を後にし先に進む。

馬篭宿までの道を旧道で歩く外国人に何度も遭遇する。

さてさて僕もまだ頑張りますかな!!

つづく。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mukoujima.blog35.fc2.com/tb.php/767-ae7c2907
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)