向島で戦うブログ
能書きはいい。飲めばわかる。
プロフィール

goemonhide

Author:goemonhide
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧中山道の旅 後編③
うとう峠はすぐ脇を国道が通り自然散策路的な感じであったので山奥に来ている感は最初だけだったの安心した。

さて峠を抜けしばらく進むと

鵜沼宿
IMG_0603.jpg

鵜沼宿は明治24年(1891年)の濃尾大地震で壊滅的な被害を受けたため、江戸時代の建物はほとんど残っていないそうです。

それでもなんだか雰囲気のある街並み。
IMG_0604.jpg

清酒菊川。趣がありますねえ。
IMG_0606.jpg


町屋の一つが資料館として公開されています。
IMG_0610.jpg
 
階段下の収納箪笥なんか今でも収納アイデアとして生かされても良いですね。
IMG_0611.jpg

IMG_0612.jpg

IMG_0613.jpg

大垣城の鉄門
IMG_0615.jpg

文を読むと耐久性、耐火性を求めた結果のようですね。
IMG_0607.jpg

鉄門と言っても薄めの鉄を貼り合わせたいわゆるサイディング。
IMG_0608.jpg

錆がいい雰囲気です。
IMG_0609.jpg


加納宿
IMG_0618.jpg

城下町「加納」は、関ヶ原の合戦から半年後の慶長6年(1601)に、十万石の領地を与えられた奥平信昌が、地元の有力者たちを指揮して整備したことから始まる。その後、寛永11年(1634)には中山道の宿場に定められた。宿場の中心部では、岐阜町から名古屋の熱田へ続く御鮨街道(岐阜街道・尾張街道)と交わっており、交通に要になっていたようです(引用)
IMG_0619.jpg

岐阜駅も近くこの辺で1泊できたら楽なことでしょう。 初日はここまで来る予定でしたけどね。
IMG_0620.jpg

さてさてまた漕ぎ出し長良川を越えると河渡宿

河渡宿
IMG_0622.jpg

IMG_0623.jpg

美江寺宿
IMG_0624.jpg

IMG_0625.jpg

河渡宿、美江寺宿は然程旧道感もない感じでした。

と美江寺宿を過ぎて少し寄り道。

大垣へ足を延ばしてみました。

大垣と言えば「うなぎ川貞」でございます。
そう。ウナ太郎さんが営む老舗のウナギ屋さん。
IMG_0626.jpg

IMG_0627.jpg
ウナ太郎さんは最近ご結婚なされて第一子も授かったとおめでたい事づくめなのでお福分けしてもらった感じで元気をいただきました。

さてまた旧中山道にもどり進みます。

赤坂宿
IMG_0628.jpg

赤坂宿東西に連なる町筋には、本陣1軒、脇本陣1軒、旅籠17軒と商家が軒を並べ、美濃国の宿場町として繁盛していた。
また、明治年間には杭瀬川の豊富な水量を利用した、舟運交通が最盛期を迎え、赤坂宿の東端にある赤坂港が重要な役割を果たしていたようです(引用)

IMG_0629.jpg


1775年建築らしい旧清水家。
IMG_0630.jpg


垂井宿
IMG_0631.jpg

垂井宿には、美濃国の一宮「南宮大社」へ向かう大鳥居があり、当時も門前町として栄えたことをうかがわせる。また、現在も、面影を残す旧家が軒を連ねています
IMG_0632.jpg

IMG_0633.jpg


関ケ原宿
IMG_0635.jpg

IMG_0634.jpg
この関ヶ原付近では、壬申の乱や関ヶ原の戦いなどが起った場所で、いろいろと関連する史跡が多いですが道すがらあった古戦場でトイレを拝借するだけにとどまりました。

ちなみに合戦場は旧中山道から少々離れた場所にあります。

IMG_0636.jpg


今須宿
IMG_0637.jpg
今須宿は、中山道美濃16宿のうち、最西端の宿場。ここより西は近江国となる。妙応寺の門前町として栄えたようです。
IMG_0638.jpg
美濃と近江の国境ですな。
IMG_0639.jpg
いよいよ後半の国でございます。
IMG_0640.jpg

柏原宿
IMG_0641.jpg
柏原宿は、本陣1件、脇本陣1件、旅籠22件と、今須宿から3.3㎞と短いわりに旅籠が多かった。なぜなら、柏原宿は東山道の宿駅、東下りの際、不破関手前の宿駅地として軍事・交通の要衝だったためである。
また「伊吹もぐさ」も名物で、伊吹堂の番頭福助が有名のようです。(引用)

IMG_0642.jpg

IMG_0643.jpg

IMG_0644.jpg

前回お世話になった髭野郎は中山道愛知川宿に住んでいるので前々から近くまで来たら寄るよ!と言っておいたんだ。

一応近江の国(滋賀)に入ったのでその事伝えると「米原のトンネル抜けたらまた電話頂戴!」との事。
ほうほう。トンネルがあるのだな。とまた漕ぎ出す。

醒ヶ井宿
IMG_0646.jpg
本陣1軒、脇本陣1軒、旅籠11軒で小さな宿であったが、名水の里として名を馳せ、清水が豊富で旅人の休憩地であった。宿内には、地名の由来となった「居醒の清水」をはじめ「十王水」「西行水」などが、今も湧き出している(引用)
IMG_0645.jpg
醒ヶ井もなかなか風情のある宿場町でした。
IMG_0647.jpg
当時の中山道が目に浮かびます。
IMG_0648.jpg

IMG_0649.jpg
ここで髭からの不在着信に気が付く。
かけなおしてみると「子供たちとショッピングモールに来てるから、どこかで落ち合って夕飯でも食べよう!」とのこと。


番場宿
IMG_0650.jpg

たぶんこの辺が米原だと思う。
IMG_0651.jpg
 
柏原宿を超えて醒ヶ井近辺から名神道と並行して走っており、旧道を通る人々もまばらな感じです。

IMG_0652.jpg

ゆるいが上りが足に来ると思ったら磨針峠という道。。。
登ったところでまたゆるく下ると

鳥居本宿
IMG_0654.jpg

IMG_0656.jpg
今このブログを書いてて気が付いたんだけど鳥居本は彦根城に近いんだねえ。

IMG_0657.jpg


IMG_0658.jpg

IMG_0659.jpg

とりあえず髭に電話。いま鳥居本だよー。と伝えると「なんや!!早いな!!これからそっち向かうわ!」との事。
そんでもって米原のトンネルってどこだったんだろう??

高宮宿
IMG_0660.jpg
IMG_0661.jpg

高宮宿は多賀大社の門前町として、また近江上布(麻布)の集散地として
大変栄えた宿場

多賀大社の大鳥居
IMG_0662.jpg

多賀大社は前回髭に連れてきてもらったなあ。

・・・とここでその髭から電話。

「今鳥居本なんやけどどこにおる?」

あ、僕高宮まで来ちゃった。

「あれ?じゃあどこかですれ違ってるな。ちょっとそこで待ってて今すぐ行くから!」

ということで無事髭と合流。

回転寿司でも。と思っていたそうだがあまりの混雑ぶりに急きょマクドナルドへ。
IMG_0664.jpg
男の子は夏が来るたびに男の顔になってくるんだ。

IMG_0665.jpg

皆元気そうで何より!
IMG_0666.jpg

・・・とまあこの流れでまた髭宅に1晩お世話になることになってしまった。。

ありがたい。。

つづく。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mukoujima.blog35.fc2.com/tb.php/788-bfe69f0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。